2011年09月09日

短編ミステリ

にはまっています。
最近(つかここ5年くらい)は長いのだと100%挫折してしまうのでもっぱら短編です。
面白かったのをメモ代わりにご紹介します。

基本的に図書館で借りて読んでます。
本屋にないものも多いので、ほんと図書館助かる。

赤木かん子・編『安楽椅子の探偵たち』ポプラ社
安楽椅子探偵もの(探偵があちこち行かずに椅子に座ったまま話を聞いただけで解決してしまう形式のミステリ)のアンソロジー。
短いのが4作品入ってます。
もともとその中の「九マイルは遠すぎる」という作品目当てだったのですが、それ以外の作品も面白かったです。
後書きにもいくつか面白そうなタイトルが紹介されていて(アシモフの『黒後家蜘蛛の会』なんて気になるなあ。短編の連作で60話以上あるって…すげえ)、これから読んでいくのが楽しみです。
ただこれ、中高生向けです。字が大きくて、いらんところにまでルビがふってある……
これが結構読みづらい。
図書館で保存庫に入っていてそこから出してもらったので、実際読むまで気づかなかった。
でも全部面白かったので大満足。文庫で大人向けに出してくれないかなこれ。

島田荘司『御手洗潔の挨拶』講談社
御手洗潔はわりと有名な探偵だと思うんですが、どうでしょ。短編集。
これも元々は「疾走する死者」という短編目当てで借りましたが、それ以外も面白かったです。
島田荘司は、無理のない筋立てでトリックが分かりそうで分からない、読んでいて推理しがいのある小説が多いのでつい夢中になってしまう。
『嘘でもいいから殺人事件』(これは長編)もそんなだったし。これも面白かった。(「疾走する死者」はこの作品のキャラクターが語り手になってました)
あと島田作品でぶっ飛んでるのは『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』(これも長編)
ホームズのキャラクターが強烈すぎて肝心のトリックとか本筋をまったく覚えていません。とにかく笑ったのは覚えてる。

スタンリイ・エリン『特別料理』早川書房
同じく短編集。表題の短編「特別料理」目当てで読みました。
他の作品も見たけど、伏線が最後にきれいにまとまるという私が大好きな作品スタイルでした。
ただ「特別料理」は大体の人は想像がつくオチで、そこに至るまでの過程を楽しむ作品なので、個人的にはあんまり…やっぱりオチで楽しませてほしいので。
そういう意味では「アプルビー氏の乱れなき世界」 が好きでした。なんか人を食った文章で笑った。
posted by ちば at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。