2010年12月18日

相棒

こないだの相棒が物凄い内容だったので、別の櫻井脚本回を観たくなって、DVDを引っ張り出しました。
個人的には「ありふれた殺人」よりも「告発の行方」の方がきつい……
「告発の行方」はストーリーは忘れたけど、やりきれない話だった、という印象だけ残ってました。
そんだけ印象残すのもすごいよなあ。

にしても、こないだのは開始5分で脚本が櫻井武晴ってわかった。
見抜いた私もそこそこやると思うんですが、それよりもガッツリ作風確立してる櫻井さんは本当すごい。
役者さんも凄まじい迫力でした。

久々にドラマを見て何やら描きたくなりました。
突き動かされる感覚って、本当に久しぶりだ。
posted by ちば at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。